スマホえんきん

仕事をはじめて、パソコンを使うようになってから視力がどんどんと低下し、ピントが合わないことが増えてきました。

 

また、スマートフォンを持つようになってからは今まで遠くにだけ合わなかったピントが近くでも合いにくくなってしまい、とても困っていました。

 

ピントを合わせるには何が良いのかと悩んでいると、とあるサイトで目の体操のことが書かれていました。

 

正直、体操だけでピントが合うようになるとは思いませんでしたし半信半疑でしたが、藁にも縋る気持ちで実施してみました。両手の親指を立てて、右左、上下、近く遠くと焦点を親指の爪に合わせます。

 

実はこれ、結構疲れるので、目の疲れを感じているときにはやらないほうが良いです。私は約1週間続けてみました。

 

すると、少しだけピントが合いやすくなったように感じたのです。このように感じてからは、時間を見つけるては実施するように心がけています。

 

また一番効果的だと思うのは、実際にピントが合わないと思ったときです。実際にピントが合わないときに、体操の中の「近く遠く」だけでも実施することで、だいぶマシになります。

 

サプリメントを飲んでもダメだったのに、こんなに簡単なお金のかからない方法で改善されるなんて驚きでした。