スマホえんきん

 

 

1dayのコンタクトレンズを使用して五年が経ちました。使用方法も守り、眼科検診もきちんと通っていました。

 

今まで、とくに異常はなかったですが、仕事中にコンタクトが浮いてしまう症状が出始め、目を開けてられる時間が短くなり、パソコンの文字が見えにくくなり、目の疲れから肩や体もかなりだるくなり始めました。

 

眼科に行くとドライアイと言われました。ドライアイ用の目薬を処方して頂き、仕事中など、目の休める時間も作り、医師に言われた通りに2週間過ごしました。

 

ですが、症状は治るどころか悪化してしまい、今まで午後になると出ていた症状が付けた習慣から違和感のあるものになっていきました。

 

2週間後にまた眼科に行く予定だったので、その事を伝え診てもらうと、コンタクトレンズの使用をやめるか、コンタクトレンズを水分力の多いものに変えるように言われました。

 

ドライアイがかなりひどくなっていて、このままだともっと深刻な問題になるかも知れないと言われました。

 

ソフトのコンタクトレンズは目に良くないと聞いたこともあったので、その日中にメガネを購入し、メガネ生活を始めています。

 

メガネを使用していても、目の乾きはありますが、コンタクトを使用していたときのような悩みはなくなりました。今現在は目を開けていられる時間も増え、体の疲れも軽減しています。

 

コンタクトレンズの使用は使用法を守っていても、気をつけたほうが良いです。